ペットと一緒に入れるお墓~新しいペット葬儀~

亡くなったペットの火葬方法【費用や方式の違い】

家族同然のペットは自宅で供養しよう

ペット葬儀後はお墓に入れず、自分で供養をしたいと考える人も多いでしょう。自宅での供養を希望している場合は、ペット用仏壇に収めて供養をする方法が一般的です。

遺骨を持ち帰るなら「ペット用仏壇」を用意しよう

ペット用仏壇は、自宅に設置ができるコンパクトな仏壇です。人の仏壇と同様にきちんとした作りなので、心を込めて自宅でも供養をしてあげることができるでしょう。ペット用仏壇は、中央部分に写真を貼れるスペースが備わっています。生前のペットの写真を貼り付けることで、いつでもペットの姿を偲び、思いを馳せることができます。献花やお線香、好きだったおもちゃをお供えして、寂しくないように定期的に供養してあげましょう。

永い間一緒にいられるのがお墓

近年では、亡くなったペットの遺骨を自分のお墓に入れたいとする人も増えています。大好きだったペットとずっと一緒にいたい、天国で大好きだったペットにもう一度会いたいと思っている人に人気のプランです。

ペットと一緒のお墓に入りたい人急増中!?

ペットと一緒にお墓に入ることはできますか?
昔であれば一緒のお墓に入ることはできませんでしたが、最近ではそういった宗教観も薄れ、一緒のお墓に入ることができるようになりました。総合ペット霊園などでは、人とペットが一緒に入れるお墓を用意していますし、一般の霊園でも、最近ではペットも一緒に埋葬できるような作りになったお墓を用意しています。

人間のお墓の側にも置ける~お墓の形を自由にモデリング~

ペット用のお墓として人気なのが、飼っていたペットに合わせて墓石の形をモデリングするサービスです。飼っていたペットの写真を元に石を削り、飼っていたペットそっくりの墓石を作ってくれます。亡くなったペットの立体的な姿を再現してくれるので、実際に墓石の像に手で触れて、在りし日のペットを偲ぶことができるでしょう。ペットの遺骨は胴体に安置するタイプであるため、石像をそのまま墓石として扱うこともできます。人の墓石の近くに安置することもできるので、どうしても同じお墓に入れられないという人でも、問題なく利用ができます。