時代と共に変わるペット葬儀【葬儀の準備と心得】

亡くなったペットの火葬方法【費用や方式の違い】

遺骨キーホルダーはいつでも存在を感じられる

片時もペットの傍を離れたくないという人に注目されているのが、遺骨キーホルダーです。納骨堂や合同供養塔へ納骨後にキーホルダー作成を依頼すれば、持ち運びもできるコンパクトな遺骨キーホルダーが得られます。

メモリアルグッズ~遺骨キーホルダーについて~

遺骨キーホルダーのメリット
遺骨キーホルダーのメリットは、やはり大切なペットといつでも一緒にいられるということでしょう。手元で大切に扱いながら、ペットのことを偲ぶことや、毎日供養をしてあげることもできます。ペット葬儀をした場合、すぐに遺骨をお墓に入れるとなると、どうしても気持ちの整理ができないという人も多いでしょう。遺骨キーホルダーは、そういった人に気持ちの整理をつかせるために利用ができるものです。四十九日まで手元に置き、十分に別れを惜しんだ後に納骨することもできます。また、将来的に自分のお墓に入れたいと考える人なども利用ができるでしょう。遺骨をキーホルダーに入れることは「分骨」にあたるため、ペットが安らかに眠れないのでは、と懸念する人もいます。しかし、こうした分骨の考えは江戸時代以前にはないため、歴史での観点から見れば問題はないという見方もあります。自分の好きだったペットの供養の仕方は、飼い主自らが考え、心を尽くして冥福を祈れる方法が最適といえるでしょう。
遺骨キーホルダーの特徴
遺骨キーホルダーは、ペットの遺骨を小型のカプセルキーホルダーに入れるサービスです。カプセル内部はネジで止めて保管するタイプなので、移動中にカプセルが外れて、中身の遺骨を紛失してしまうようなことはありません。カプセルのタイプもさまざまであり、ステンレスタイプのシンプルなものや、丸みを帯びた可愛らしい樹脂のカプセルも選べます。また、サービスとしてキーホルダーに亡くなったペットの姿を模したチャームをつけるものも利用できます。

ペット葬儀を行なう前の心得

ペット葬儀を行なう場合、必ず前準備を整える必要があります。ペットが旅立ってしまった後は、できるだけ心を冷静に保ちながら、葬儀の準備を行ないましょう。

ペット葬儀前の準備

ペットが亡くなり、ペット葬儀を専門の葬儀社に依頼する場合、葬儀社のスタッフが来る間にペットの体を安置してあげる必要があります。ペット用のベッドやタオルケットなどの上に安置し、体をしっかりと清めましょう。ブラッシングを行ない、口や目の周りを綺麗な布や紙で優しく拭ってあげるとよいでしょう。綺麗な台とクロスで簡単な祭壇を作り、好きだったおやつやご飯、お気に入りのおもちゃを供えてあげます。お線香やローソク、お花と共に、ペットへの手紙を添えておくのもよいでしょう。

ペット葬儀は大切~天国に行ってもずっと家族~

かつてはペットと人は明確に区別されており、亡くなった後はすぐに火葬と埋葬を簡素に済ませることが多くありました。しかし現在では、かけがえのない家族の一員として、しっかりと供養をしておきたいと考える人が多いのです。亡くなったペットの冥福をしっかりと祈りたいとするなら、ペット葬儀を依頼するとよいでしょう。火葬後は丁寧に納骨し、お坊さんが供養を行なってくれるので、亡くなったペットも安らかに天国へと旅立つことができます。